もっと 陶芸にとりくもう かな

やんなきゃいけないことは山のようにある中ですが
今日は笠間の陶芸美術館にこんなの見に行ってきました
人間国宝と古陶-対峙する眼と手

treasures.jpg

良かったですよ
古陶磁と近代の名品を向かい合わせて展示し、
人間国宝たちの技術のルーツと、新たな表現の展開を探ります。
ということで
私にはほぼどれも古陶磁のほうが良いなと思わせる
人間国宝さんたちの作品でした
いや もちろん人間国宝さんたちの作品もすばらしいんですよ
けど 比較すると 並べてある古陶磁のほうが いい
時間の経過によって重量感というか深みというか
そんなものが増してきている
 というものもあるけれど
国宝さんたちの作品に見え隠れする
意欲とか野心とかなんかこうある種どろどろとした人間くささ
そんなものが私はあまり好きじゃないせいかもしれないです 

陶芸って楽しいな!
僕も久しぶりに追及してみたくなってしまいました

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)