作品展報告

毎年やってる故郷 仙台での陶芸展で脱原発アクションしてきました。
赤の放射線マークも入った黄色のドラム缶の様なものを千分の一の大きさにして約100個作りました。
一部変色し崩壊しかけたのもあり、危険を感じさせたく、
ガスマスクをつけた人々、放射能によって産まれた新生動物まで置いて
<放射性廃棄物エレジー>という題で展示しました。

101_5931_convert_20130621034540.jpg


展覧会初日の河北新報夕刊に載り、それなりに反響もありました。
ほとんどの方々は私の説明に同感の意思を示してくれましたが、
なかにはこうして電気を使ってるんだからしょうがないだろう!
とのたまうかたもいて、
展覧会場は大激論大会と化してしまったり・・・、
でした。

もう瓦礫はいらないーとの思いから ほとんどはカップとして使えます。半分位売れてしまいました。
もっと作り足して東京、益子でも展覧会に出品していきます。

娘、菜七子がオープニングパーティーで歌ってるのはyoutubeで見れます。

ライブ1

ライブ2

その他の器など作品の写真は下記で

工房風和里facebookページ

大和知子


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)