夕方の道で東に筑波山が見えた
なぜかなつかしい気持ちになる
この山を見てそう感じたのは生まれて初めてであり
そのことにさらに感動してしまった

山と言った時どんな山をイメージするかは
その人の育った地域や長く住んでいた場所によるところが大きい
私にとって山とは
20才過ぎまで住んだ仙台から見える蔵王や泉ヶ岳である

下館など茨城県南西部?に住む人にとって
山といえば筑波山
絵を描くといえば筑波山・・・
のような話を聞いたことがあるが
私も少しはこの地方の人間に近づいたのだろうか

ともかく一日中建物の中にいると
自然の景色がとてもこいしい

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)